三河地方の経営者にマーケティングが必要な3つの理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
三河地方を象徴する建造物(岡崎城)

こんにちは、ヨビコムマーケティングの加藤です。何年も前からマーケティングという言葉をあちらコチラで耳にする機会も増えてきているかと思います。横文字で気取っているからなんだか胡散臭いと思われている社長さんも多いのではないでしょうか?

今日は、なぜ三河地方の経営者がマーケティングを学び実践していく必要があるのかについてお話させていただきます。

マーケティングとは

よくわかっているようでわかっていない、それがマーケティングなのではないでしょうか?実際にマーケティングがどういった意味合いのものなのかを考えていきましょう。

まずはマーケティングの定義を調べてみました。

消費者の求めている商品・サービスを調査し,供給する商品や販売活動の方法などを決定することで,生産者から消費者への流通を円滑にする活動。(三省堂 大辞林)

どうでしょうか?当たり前のことすぎて特別言うことはありませんよね?ただ、この当たり前を忘れてしまっている、もしくはそもそも実践していない方が非常に多いと感じました。これから、そのような状態になっている理由やマーケティングを実践した方がいい理由をお伝えしたいと思います。

三河地方はモノ作りの地域である

三河地方はモノ作りが優れていることが評価され、モノ作りによって経済が成り立っている地域であることは周知の通り。しかし、このことが三河地方の経営者がマーケティングを取り入れなくなった一つの要因であると気づきました。

具体的にどういうことかと言うと、モノが先行した考え方が中心となっているということです。もう一度、マーケティングの定義を見てみましょう。

消費者の求めている商品・サービスを調査し,供給する商品や販売活動の方法などを決定することで,生産者から消費者への流通を円滑にする活動。(三省堂 大辞林)

ご覧の通り、まず消費者の求めている商品・サービスを調査しと定義されています。モノ先行の地域であるが故にこれが逆転していないでしょうか?

「良い商品だったら売れる」「これはまだ世にない商品だから当たるに違いない」「自分しか知らない技術を使っているから」など、こういった言葉が出てくるときは商品からスタートしているケースが多いように感じます。

ただ、良い商品とかまだ世にないとか特別な技術ももちろん大事なことですが、肝心のお金を払っていただくお客さんのことを置き去りにして成り立つことはないのですが、知らず知らずのうちにこの現象に陥っている方は非常に多いと言えます。

マーケティングからは少し脱線しますが、価格設定に関しても同じ現象が起きていると顧問税理士から言われました。三河地方では原価から売価を設定する企業さんが多いのだそうです。私自身もそういった発想だったのですが、これは一見、良心的なように思えますが、その商品がもし市場的に価値のない商品だったとしても「これくらい原価がかかったから、この値段」という理屈になってしまうということです。

もちろん金額と同等の価値を提供できない商品・サービスであれば淘汰されていくのかもしれませんが、原価から売価を算出する方法はそういった危険性も孕んでいるということのようです。

商品にせよ売価にせよ、お客さんを置き去りにして決めることはできないということだと思います。

強いこだわりをもった人が多い

三河地方はモノ作りの地域だからか(具体的に三河地方の歴史を研究しているわけではないので、詳しい方がいたら教えてもらいたい)モノや技術に強いこだわりを持った方が多いと感じます。

こだわったり一つのことを追求するこができるというのはとてもすごいことで、そういう人には多かれ少なかれ必ずファンがつきます。さきほどから何度も登場しているマーケティングの定義ですが、まず消費者の求めている商品・サービスを調査することから始めます。

すなわち、この強いこだわりに深く共感してくれる人は誰なのかを考えることなのです。誰からも嫌われない大衆向けの商品には熱烈なファンはできませんよね。しかし三河地方のこだわりのある商品・サービスには必ずそれに共感するファンがつくハズです。

しかし誰に深く突き刺さるのかを理解しないまま、商品・サービスのPRをしていていると「これは絶対に良い商品。使ってもらったらわかるから」と全く価値観の合わないお客さんにこんなことを言いいつづけるはめになり、挙げ句の果てに「みんな見る目がない」とぼやくのです。

こだわりを持った商品・サービスであればあるほど、一番深くささるのは誰なのかを考えなければなりません。

三河地方の経済はまだまだ豊かである

数年前、私が東京でマーケティングの会社を運営していた頃、東北出身の仕事が良くできてとても気立ての良い22歳のアルバイトスタッフが私の部下にいました。彼女から話をきくと東北では高校を卒業して就職する人のうち3分の2は県外に出るとのことでした。その彼女も全然仕事ができないというタイプではなかったのですが、県外にでるしかなかったとのことです。比べる対象が極端なのかもしれませんが、にしても三河地方ではとても考えられないようなことだと思います。

なぜ経済が豊かな時にマーケティングが必要なのかというと、マーケティングはすぐに効果が発揮されるものではないからです。明日の行方をも知らぬ状況では、取組み始めても長期的に見ることができないため続かないため、少しでも気持ちに・金銭的に余裕があるときにこそ取組むべきものなのです。

マーケティングを車で例えるとエンジンのように思われている方が多いのですが、これは誤りです。マーケティングの果たす役割はエンジンではなくエンジンオイルのようなものです。

エンジンオイルは放っておくと下記のような症状を引き起こします。

  • パワーが落ちる
  • エンジンから異音が出る
  • 燃費が悪化

「作れば売れる時代」から「安くても売れない時代」に変化していることで売上が下がり、求められていないお客さんに販売するからトラブルがおき、やみくもに広告を打つから費用対効果が下がる。

これらはすべてマーケティングを実施していないために起きている症状なのです。

まとめ

今回は三河地方の経営者にマーケティングが必要な3つの理由というタイトルで、マーケティングの重要性をお伝えしましたが、一番伝えたかったことはあなたのお客さんについてもっともっと興味を持ってくださいねということです。

モノが素晴らしい地域がヒトについてもっとこだわり出したら、もっと快適で安全なドライブを楽しむことができることでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ホームページ制作費用を無駄にしないために知っておくべきこと

ホームページについて知ってほしいから

wwwから始まるwebサイトが開発されたのが1991年。Googleが設立されたのが、1998年。

ホームページの歴史はビジネスや商売と比べれば圧倒的に歴史は浅く、今日のように一般化したのはさらにその先。にもかかわらずここまで広まった背景には、異常なまでの速度での普及拡大や日進月歩進化していくwebの技術、スマートフォンの台頭などなど語りだしたらキリがありません。このような変化の速さについていくことができなかった、苦手意識のある社長さんはホームページを活用した集客に関しては、もはやあきらめているという方も多いのではないでしょうか?

だからこそ、制作会社の言うとおりホームページを作って失敗する。

なぜ失敗するか?答えはとても簡単で、制作会社はあなたの会社のことを知らないからです。ではあなたの商品・会社のことを一番知っているのは誰でしょうか?言わずもがな、社長さん自身ではないでしょうか?

ホームページをつくるということを制作会社に丸投げしてはいけません。あなたがアナログで地道に実績を残してきた、ノウハウや想いを発信する場がホームページなのです。これからホームページを作ろうと思われている方、リニューアルを検討されている方向けに、弊社が考えるホームページ制作をする上で知っておいていただきたいポイントをまとめた資料をプレゼントさせていただいております。

読んでいただけたらホームページに対する認識が大きく変わると思います。ホームページはあくまでもツールでしかありません。使い方を正しく理解して、ホームページとうまく付き合っていただけたら幸いです。

無料の資料を受け取る

SNSでもご購読できます。

コメント

記事に関する感想をお書きください。